デザインで閲覧時間が決まる!閲覧者に合わせたデザインにする!

デザインは見やすく作ることが大事

見にくいデザインだと閲覧時間は極端に短いです。これはホームページを開いてすぐに閉じるからです。一般的に視聴者が見るかどうかを、2秒で決めていると言われています。一瞬の判断にはデザインの見やすさが大きく影響します。開いて見やすいと思えば、そのままスクロールするのです。また、最後まで見るのもデザインに大きく関係します。文字の大きさや背景などのデザインによっては、最後まで見られないかもしれません。最初のハードルを越えても、最後まで見てもらえるとは限らないのです。ホームページのデザインで大事なのは、分かりやすく見やすいことです。イラストや絵などを使って、読みやすいものにすると見てもらいやすくなります。

視聴者に合わせたデザインにする

ホームページのデザインで気を付けることには、誰が見るかということです。視聴者が見る人を意識して、ホームページを作ります。女子高生が見るホームページを真っ黒にしたのでは、最後まで見られることはないでしょう。視聴者が見やすいことを考えると、色使いや文字の大きさなどが変わってきます。さらに背景も意識すると見やすいものになります。ただ、できればバランスが取れるように調整すること大切です。アンバランスなホームページは敬遠されがちだからです。視聴者は情報を見られればいいと思っていますが、他のサイトでもいいとも思っているのです。バランスが悪いと、見にくいために他のサイトを見ようと思ってしまいます。そうならないようにバランスが取れて、視聴者に合わせたホームページにします。