ホームページのデザインは見やすさ重視!見た瞬間で決まる!

第一印象を大事にする

ホームページのデザインのポイントとなるのは、第一印象を大事にすることです。人は目にした瞬間の印象で、物事を判断する傾向があると言われています。ホームページの場合は簡単に前画面に戻れるので、印象が薄ければ直ぐ画面が閉じられたりします。それ故、ホームページを開いた瞬間に、ユーザーに有益と想わせる必要があります。また、ユーザーは他のホームページも閲覧するので、その中で目立つデザインにすることも大事になります。昨今、1画面を下に長くするホームページが流行っていますが、情報量が多すぎると却って逆効果になります。実際、ユーザーは下の方まで見ないもので、画面の上の方だけで有益かどうか判断しています。つまり、画面の上部に有益な情報を集中することが肝心となります。

写真は文字以上に印象付ける

最初の1画面を効果的に作るには、色々と準備する必要があります。先ず、誰に何を伝えるのかを明確にすることです。但し、伝えたい情報が多すぎると、全体的なデザイン性を損ねる恐れがあります。キレイで分かりやすいデザインにするためには、全体のバランスをとることが大切です。ホームページのポイントは、明解で簡潔であることです。伝えたい内容をコンパクトにまとめ、それに適したアピールやコピーを採り入れることが重要となります。また、文字以上に印象に残るのが、写真などの画像です。現在はWeb上で様々な画像素材が入手でき、ホームページを印象深いものに仕上げられます。素材選びに関しては、SNSなどで評判の良い写真などを参考にできます。

ホームページ作成には品質にかなりの開きがあります。最低限、外枠だけ作っている場合とニーズを捉え、最適な表現と外観の作品もあります。客観的にホームページ作成の実績を評価するなら内容をチェックしましょう